一人暮らしの洗濯機、縦型洗濯機か乾燥もできるドラム式洗濯機にしようか悩んでいませんか?特に梅雨時期になると乾燥もできるというのは大きなメリットですよね。

わたしは今まで縦型洗濯機でしたがついにドラム式洗濯機デビューをしました。ドラム式洗濯機使うと便利すぎて便利すぎてもう元の縦型洗濯機には戻れそうにもないです。

わたしのドラム式洗濯機の購入理由

  • ・毎日選択して毎日使うものが必ずある点
  • ・コインランドリー持っていくのがめんどう
  • ・時短のため
  • ・毎日帰宅が遅く洗濯物取り込むのがどうしても遅くなり洗濯物が固くなってる&湿気てる

こんな理由で思い切ってドラム式洗濯機にしました。

今回はドラム式洗濯機使用者目線のドラム式洗濯機のご紹介です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

ドラム式洗濯機はこんな人におすすめ

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s
ドラム式洗濯機とっても便利ですべての人におすすめしたいですがその中でも特におすすめしたい人はこちら

【ドラム式洗濯機はこんな人におすすめ】
・明日着ていかないといけない服があったり毎日洗濯必須の方
・花粉症の方
・黄砂や車の排気ガスが気になる方
・浴室乾燥機使っている方
・少しでも節水したい方
・干すのがめんどくさいor嫌いな方
・干す時間がない!取り込むのがめちゃくちゃ遅くなる方

こんな方々にドラム式洗濯機は特におすすめです。買って損なし!

浴室乾燥機使っている人へおすすめしたい理由は【電気代の違い】浴室乾燥機は地味に電気代が高いのです。浴室乾燥機の消費電力は約1350W、ドラム式洗濯機の乾燥時消費電力は約850Wです。消費電力の違いは電気代の違い。

1日1回それぞれ2時間乾燥させたとして
・浴室乾燥機電気代 72円
・ドラム式洗濯機電気代 45円

あれ?ドラム式でもう一回洗濯~乾燥までできるんじゃない?くらいの金額の差が出てきます。

ドラム式洗濯機のメリットデメリット

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s
物にはメリットがあればデメリットもあるもの。ドラム式洗濯機のメリットとデメリットをまとめました。

【デメリット】
・本体価格が高い
・乾燥機能を使うとそれなりに電気代がかかる
・洗濯物によってはシワになったりする
・縦型より壊れやすい(らしい)
【メリット】
・洗濯~乾燥まで1度でできるので時短or超絶らくちん
・水道代節約できる
・同じ柔軟剤を使ってるのに洗濯物がふわふわ

よく縦型洗濯機にくらべて「洗浄力が落ちる!!」と言われていますが使ってみた感じでは全然わからないくらいにはいつも綺麗になっています

どろっどろに汚すことがあんまりないからかもしれませんが、普通の洗濯なら洗浄力うんぬんは気にしなくていいと思います。

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機のちがい

36645ce32719bb44df93f9afb6a64216_s
一番の悩みどころのドラム式洗濯機にするか縦型洗濯機にするか問題。

電気代の違い

【洗濯】だけなら電気代の違いはないです。どちらも1.5円~2円ほど。水道代はドラム式洗濯機のほうが少なくて済みます

ドラム式洗濯機で洗濯~乾燥までさせると1回約45円かかります。

本体価格の違い

一番ひっかかる購入時の本体価格です。ドラム式洗濯機はやっぱり高い!それは間違いないです。

縦型洗濯機 30,000円~50,000円
ドラム式洗濯機 150,000円~300,000円

金額見たときは目ん玉飛び出ました。飛び出てないけど飛び出しそうだった。

これだけの金額をかけてドラム式洗濯機にするメリットはあるのか・・・!?というのがポイント。自分にとってメリットが大きくあるならば買いです。

わたしはドラム式洗濯機のメリットが自分にとって大きくあったので買いましたが縦型洗濯機+除湿器で事足りそうならもちろんそっちの方がお安く済みます

ドラム式洗濯機の注意点

ce928dd5c8791ccae0dca51e5cc8957c_s
ドラム式洗濯機の注意点をまとめました。

大きさ問題

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べ大きいです。ドラム式洗濯機を置いたとして、通るスペースがあるのか置くスペースは大丈夫か水栓の位置確認などきっちり寸法確認が必須です。

自分の部屋の「洗濯パン」(洗濯機設置する場所)の大きさがドラム式洗濯機をおける大きさなのかまず確認を。洗濯パンは大家さんに相談で取り換えることもできるそうですよ。

乾燥方法は2通り

ドラム式洗濯機には2通りの乾燥方法の違いがあります。

【ヒートポンプ式】
大風量の風を使って除湿しながら低温(約65度)で乾燥する方法。衣類の傷みも少ないです。
ヒートポンプ式のほうが電気代は少なくすみますドラム式洗濯機買うなら絶対ヒートポンプ式
【ヒーター式】
熱した風をふきつけて乾燥させる方法。よく言われるのが「ドライヤーで乾燥させてるのと一緒」です。
電気代もかかり、衣類も傷みやすいのでヒーター式はおすすめはしません。

メンテナンス必須

ドラム式洗濯機買うまで知りませんでしたが、乾燥させた時はホコリとったりのメンテナンス必須です。といってもカバーはずしてぽいぽいっと捨てるだけなので手間というほどではないですが。。

それ以外にもゴムパッキンのお手入れなど手をかけてあげる必要があります。メンテナンスさぼっていると乾燥がうまくできなかったり故障の原因にもなります。

メンテナスきちんとするつもりでも5年保障加入必須です。