↑引越し見積もり金額の確認はこちら↑

一人暮らしの水道・光熱費の平均額と私もしてる14個の節約法

192e8c381950346d6545a45a1c668a6e_s

スポンサードリンク

      2016/06/19

毎月毎月請求のある光熱費。見るのが怖い季節もありますよね。一人暮らしをしている他の人は毎月光熱費はどのくらいなのか気になりませんか?

「うちの光熱費ちょっと高いかも・・・。」と思っている人も今日からできる節約のコツもご紹介します!

スポンサードリンク

みんなの光熱費・水道代平均

一人暮らしをしている人の毎月の水光熱費平均をまとめました。自分は平均より上でしょうか?それとも下?

水光熱費平均(~34歳まで)

電気代 3,200円
ガス代 2,500円
水道代 1,300円

(総務省調べ家計調査2015)

平均はこの金額です。・・・平均安くないですか?これより下の人は節約の鬼だと思います。わたしはもちろん上回っているので節約がんばろうと思ったところです。。

真夏や真冬が高くなるのはしょうがない?

真夏や真冬は部屋の温度調整のためにどうしても春・秋より電気代が高くなりがちですよね。お風呂もあついので入りたいですし。

でもなにも考えずに好きなように使っているとどんどん高くなる一方です。ちょっとの工夫で快適に過ごせる、けど節約にもなるコツを紹介します♪

電気代を安くするコツ

6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_s
一番光熱費の中でかさむのが電気代。特にエアコンですよね。ここではエアコン含め電気代を安くするコツを紹介します。参考にしてみてくださいね~。

エアコン節約

・設定温度は夏は「28度」冬は「20度」1度でも高くor低くすると10%の節約に。
・「弱」ではなく「自動」にする。
・めんどくさいけどフィルターの掃除がんばる。
・エアコンをほとんど使用しない春や秋はコンセントを抜く。

これだけでも大きく違ってきます。ぜひお試しください。

エアコンはよく「つけっぱなしにした方がいい」と言われますがこれは時に真実です。エアコンが電気代を食うのは「設定温度と実際の部屋の温度の差」によって大きく変わります。

部屋が冷えたから消して、また暑くなったからつけて、、、としていると部屋の温度の差が激しいのでエアコンがそれだけがんばらねばなりません。さらに起動時にも電気代がかかるので高くなります。

部屋にいる時はつけっぱなしがいいと思います。というかつけっぱなしじゃないとストレス溜まるといいますか・・・。でも昼間、仕事等で部屋にいないときはもちろん消しましょう。

短時間の外出程度ならエアコンはつけたまま、温度を1度あげて外出すると良いですよ^^

その他の電気代節約

・テレビは元電源OFFする。
・PCは90分使用しない程度ならつけっぱなしに。
・炊飯器使わないときはコンセント抜く習慣を。

ちょっとのことですが年間通すとそれなりの額になります。あまりめんどくさい方法でもないので今日から試してみませんか?

ガス代を安くするコツ

8f4d8565be72dde1cfae221cfb06d475_s
ガス代は料理にお風呂に使うので意外とかかってきます。。

・料理に使う野菜は少量ならレンジでチンしてあらかじめやわらかくする。
・シャワーは節水シャワーを使う。
・湯船につかるなら湯船+シャワーではなく湯船のお湯で洗って、シャワーは最後のすすぎだけ。

ガス代は使い方もですが【都市ガス】と【プロパンガス】かどうかによっても金額が変わってきます。違いをちょこっとご説明します。

都市ガスとプロパンガスの違い

どちらも同じ「ガス」には違いありません。性能の差ももちろん一緒。でも安いのは【都市ガス】です。プロパンガスと比べると3分の2程度の金額で収まります。

プロパンガスは都市ガスの通ってないところに多く見られます。田舎のおばあちゃんちもプロパンガスでした。プロパンガスが都市ガスより高いのは業者さんの自由料金設定だからです。入居時にチェック!

水道代を安くするコツ

29ad9579a0c7e4a5adcbf30536351276_s
水がないと生きていけない・・・けど毎日必ず使うものだからできる所から節約してみましょう。

・トイレのタンクに水を入れたペットボトルを1本沈める。
・節水シャワーヘッドを使う。
・お風呂の残り湯を洗濯に使ってみる。残り湯使うのは「洗い」まで。「すすぎ」は普通の水で。
・お花にあげる水は雨水でOK。

トイレのタンクに水入りペットボトル沈めてもちゃんと流れます。ご安心ください。節水シャワーヘッドは3,000円~5,000円で買えます。使うとちゃんと流せた気にならないんじゃないかと思ってましたが実際使うとそんなことなかった。

手元で水の止める出すの操作もできるので楽に節水できます。オススメです。

↑引越し見積もり金額の確認はこちら↑

スポンサードリンク

 - 一人暮らし 費用