↑一番節約できるのは引越し費用です↑

ごちゃ部屋がすっきり!一人暮らし部屋のおすすめ家具配置5パターン

18c9e9c2166426196a782de2d15c514e_s

スポンサードリンク

   

部屋の家具をどう配置したらいいかわからない・・・と悩んでいませんか?部屋づくりはわくわくする反面どうすれば良いのか悩んでしまうことも多いですよね。

今回は一般的な一人暮らしワンルームの部屋で【ベッド+ラグ+ソファ+テーブル+テレビ台】のメインの家具のおすすめ配置方法を画像付きでご紹介します♪

スポンサードリンク

1,部屋配置5選

一人暮らしのワンルーム7帖部屋と仮定して家具配置してみました。部屋の形はそれぞれあるので自分の部屋に応じてちょっと変えてみることは必要ですが大まかな家具の配置はイメージしやすいと思います^^

1-2,シンプルな部屋配置

image

ベッド+ソファ(一人掛け)+ラグ+ローテーブル+テレビの家具の配置だとだいたいこの形が多いです。

ベッドにずっと座るのではなくソファもちゃんと独立して使いたい人向けです。ソファに座ってテレビを見るのも良し、ぐだぐだするのも良し。

窓際のベッド配置になりますが湿気や寒さなど気になるときはピッタリくっつけずに隙間を空けるなり見えないように段ボールを挟み込む等工夫が必要です。窓際にベッドがあると洗濯物取り込む時に楽です。

ベッドの上に物があると寝られないのでちゃんと片づけができるようにもなれます。

1-3,机も置きたい人向けの部屋配置

image

PCデスクも欲しいんや!という人向けの配置です。ベッドと平行にテレビを置き、空間を作って机を置きます。机もおきたいなら部屋の形は縦長がおすすめです。

ご飯食べる用の机は置くならベッド足側の壁際に置くのがいいかも。机とテレビ(台)をくっつけてベッドとの間の空間を使うのも◎。

1-4,ベッドでごろごろしたい部屋配置

image

ソファを排除し、座るのは全部ベッドにした部屋配置。ベッドでごろごろしながらTVを見れます。

ベッドから動かなくてもリモコンひとつでなんとかなる配置なのでちょっと怠惰になってしまうかも。

1-5,ホテル感のある部屋配置

image

ベッドを部屋の中央に置き、窓側に机とイスを置きました。机はローテーブルではなくちょと背のあるおしゃれな机だとホテル感が高まります。

ホテル風の部屋のポイントは家具配置も大事ですが、”生活感をなくすこと”が重要になってくるので物はできるだけ見えないように、いつもきれいに片づけましょう。

2,一人暮らしの部屋づくりのコツ

e3239975fe55527e6f51d096282e26bb_s
部屋づくりがうまくいくちょっとしたコツをご紹介します!

2-1,自分の生活動線はどんな感じ?

生活動線、自分が毎日どのように部屋を移動しているのか思い浮かべてみてください。生活動線にあっていない部屋だと部屋がごちゃごちゃしがちです。

例えば目が覚めたらすぐにカーテンを開けるなら窓際にベッドがあると楽ですよね。自分の行動に部屋づくりのヒントが隠されていますよ。

2-2,テレビ線がどこにあるかで決まる

テレビを置く位置によって家具の配置も変わってきます。自分の部屋のテレビ線はどこにあるのか?まず初めにチェックしましょう。

テレビ線の位置でだいたいのテレビを置く場所が決まってくるのでテレビ線を目安に①テレビ→②ベッド→③机という風に家具の部屋配置をイメージすると失敗しません。

2-3,テレビ台をカラーBOXにしてみる

テレビ台ではなくカラーBOXの上にテレビを置くのはどうでしょうか?収納のすくない一人暮らし部屋では貴重な収納場所になります。

テレビ台だと置くものも決まってきてしまうので賢く収納するためにもカラーBOXがおすすめです。

2-4,家具は少なく低く

おしゃれな家具はたくさんありますが一人暮らしの部屋は極力家具は少なくしたほうが部屋はすっきりします。本当に自分の部屋に必要かどうか考えてみましょう。

収納付きのベッドにしてみたり、漫画類も本棚ではなく透明なプラスチックBOXに入れてベッド下に置くだけでも見た目がきれいです。

一人暮らしの部屋づくりでは家具の低さも重要なポイントのひとつ。家具を低くすることで部屋を広く見せることができます♪

>>一人暮らしの6畳部屋をおしゃれに変身させる3つの方法

↑一番節約できるのは引越し費用です↑

スポンサードリンク

 - 一人暮らし インテリア