一人暮らしの掃除機って冷蔵庫や洗濯機など大型家電買うのと一緒に「掃除機は必要だしとりあえずコレ。」で決めていませんか?わたしはそんな感じで特にこだわりもなく掃除機を買いましたが「ちゃんと選べばよかった。」と後悔したことがあります。

今回は掃除機の選ぶときに役立つ種類の違いからみんなの使う頻度までまとめました。

スポンサードリンク

一人暮らしの掃除機の選び方

コロコロ付きとスティック式

ほんとはコロコロ付きじゃなくてキャニスター式というみたいなんですが聞きなじみなさすぎて「何それ?」と思ったのでコロコロ付きと言わせていただきます。
514880

【コロコロ付き(キャニスター式)】

  • 一般的によく見るタイプ、広い家に向いてる
  • 本体があるため重くなりがち
  • コロコロ付きでも吸えないものはあるので注意
  • 収納場所が確保できるならコロコロ付きのほうが後々使える

060923

【スティック式】

  • 一人暮らしには嬉しい収納場所を選ばないタイプ
  • 狭い部屋で使うのに向いてる
  • コロコロ式と比べると性能は劣る・・・とみせかけて今はそんなことない
  • 今はバッテリーのコードレスタイプが電池もちも良くなって人気

一人暮らし部屋で使うならわたしはスティック式をおすすめします。コードレスタイプもありますが部屋の広さ的にコードがあっても問題ないと思います。

初めての一人暮らしのときに「掃除機はコレでしょ!」とコロコロタイプを買いましたがもちろん収納できる場所はなくいつも部屋の片隅に置いていました。かっこわるい!

スティック式は吸引力がなぁと偏見をもっていましたが実際にスティック式を使用している友人の話だと「そんなことない」そうなので一人暮らしの方にはスティック式で十分じゃないか!と思います。スティック式はお金の面でもお財布にやさしいのです。

今気になっているツインバードのスティック式掃除機だと吸引力もそこそこいいのになんと2,000円台のお値段。掃除機ってそんなに安いの!?とびっくりしました。

吸引力の変わらないただひとつの掃除機さんは5万とかしますが一人暮らしで掃除機をかける範囲もそんなに広くないなら安くて使えるのが一番ですよね。

紙パック式とサイクロン式

【紙パック式】

  • パックにゴミをためていく、密封なので吸引力が高い
  • 紙パックにゴミがたまってくると比例して吸引力も落ちてくる
  • 捨てるときは取り外してポイするだけなのでカンタン
  • 紙パック代がランニングコストとしてかかる(言っても年間で千円未満)

【サイクロン式】

  • 空気とゴミを遠心力で分離する、吸引力は高い
  • でもこまめにゴミを捨てないと吸引力は落ちる
  • ゴミを捨てるときにモワッとほこりが舞う。やめてほしい
  • ランニングコストはなにもかからない

紙パック式とサイクロン式掃除機をどちらも使ったことのある経験者からいうと「吸引力自体はそんなに違いはない」です。

テレビショッピングとかでよくあるほこりまみれや大きいゴミまみれになった床なんてそうそうないですし・・・。

とりあえず普通の部屋掃除で問題なく使えます。わたし的には【ゴミの捨てやすさ】【手入れのしやすさ】からでいうと紙パック式がよかったなぁと思います。

サイクロン式は掃除の都度ゴミを捨てればいいだけなんですがついつい「また今度・・・」と次回持ち越しになってしまい、ある程度たまらないと捨てる気になれません。

そしてある程度たまったゴミを捨てるときはホコリが舞うしゴミ箱の横から塵が落ちるし、たまったゴミが機械の中に残って結局分解しないといけない・・・

という負のスパイラルに陥るためめんどくさがりさんは紙パック式にしておいた方が無難かと。。。

もちろんこれは良くない例なので毎回掃除機の後にキチンとゴミを捨てていればサイクロン式でもOK!「あ!紙パック買ってなかった!!」とい事もないです。

吸込仕事率と音の大きさ

【吸込仕事率とは】

  • ゴミを吸い込む能力値のこと
  • 70Wや100Wなどの表記があるがあまりあてにしてはいけない

電気量販店やカタログ、比較サイトなど見たときに目にする70Wなどの表記。これが高ければ高いほどいいのね!と思ってましたがそうじゃないらしいです。

ヘッドをつけてない状態での測定値なのであまり吸込仕事率だけを見て判断するのはよろしくないとのこと。とはいえ高いほうに越したことないと思ってしまいますよね。

【音の大きさ】

  • 夜間にマンションやアパートで使うなら60db(デシベル)未満の掃除機にしよう
  • “掃除機は音のうるさいもの”とほとんどの人は認識しているので主に昼間使うならそれほど気にする所ではない

「毎日掃除機かけたいけど帰ってくるのが遅いからかけれない!」というひとは購入時に音の大きさチェックを忘れずに。

皆はどのくらいの頻度で掃除してる?

721a28a3f5cecac96578d27dc2df27dd_s

  1. 毎日掃除機かける人
  2. 仕事が休みの日にかけるからだいたい週一回

主にこの2パターンが多いようです。わたしはもちろん「2、週一回」です。。。掃除機は週一回ですがフローリングのためクイックルワイパーで朝仕事に行く前や寝る前にササッと掃除しています。

ラグをひいていたらコロコロなんかも手の届く範囲においておけば気になるときに掃除できて便利ですよね。

まとめ

掃除機を選ぶときにはそれぞれの違いを知っておくと役立つ

・コロコロ付き(キャニスター式)とスティック式の違い

【コロコロ付き(キャニスター式)】

  • 一般的によく見るタイプ、広い家に向いてる
  • 本体があるため重くなりがち
  • コロコロ付きでも吸えないものはあるので注意
  • 収納場所が確保できるならコロコロ付きのほうが後々使える

【スティック式】

  • 一人暮らしには嬉しい収納場所を選ばないタイプ
  • 狭い部屋で使うのに向いてる
  • コロコロ式と比べると性能は劣る・・・とみせかけて今はそんなことない
  • スティック式では「掃除した気分になれない」という人もいる

・紙パック式とサイクロン式の違い

【紙パック式】

  • パックにゴミをためていく、密封なので吸引力が高い
  • 紙パックにゴミがたまってくると比例して吸引力も落ちてくる
  • 捨てるときは取り外してポイするだけなのでカンタン
  • 紙パック代がランニングコストとしてかかる(言っても年間で千円未満)

【サイクロン式】

  • 空気とゴミを遠心力で分離する、吸引力は高い
  • でもこまめにゴミを捨てないと吸引力は落ちる
  • ゴミを捨てるときにモワッとほこりが舞う。やめてほしい
  • ランニングコストはなにもかからない

・吸込仕事率や音の大きさにも注目してみよう

【吸込仕事率とは】

  • ゴミを吸い込む能力値のこと
  • 70Wや100Wなどの表記があるがあまりあてにしてはいけない

【音の大きさ】

  • 夜間にマンションやアパートで使うなら60db(デシベル)未満の掃除機にしよう
  • “掃除機は音のうるさいもの”とほとんどの人は認識しているので主に昼間使うならそれほど気にする所ではない