たぶん部屋で一番大きい家具になるベッド一人暮らしの狭い部屋にどんなベッドを置くか悩みますよね

今回は一人暮らしの人が主に利用しているおすすめ?ベット7つのメリットとデメリットをまとめました。

わたしの独断と偏見によるオススメ度もつけています。
ベッド選びの参考にしてみてくださいね~。

布団直敷き

b0183202_3422198

出典:https://iemo.jp
【メリット】
・毎日きちんとたためばその分部屋が広く使える
・引越しのとき楽
【デメリット】
・万年床になるとカビが心配
・見た目があまりよろしくない

メリットらしいメリットがあんまりありません。。手軽なところくらいでしょうか。わたしは実家に居るときに直敷きお布団で毎日寝ていました。

直置きの一番の敵は布団下に溜まる湿気なので、直置きするにしても布団の下に一枚湿気対策シートを敷くなり、すのこを敷くなり工夫が必要だと思います。

オススメ度:★☆☆☆☆
価格帯:3,000円~10,000円(布団代のみ)

すのこベッド

29419_original

出典:http://topicks.jp/
【メリット】
・通気性抜群
・夏はすずしく快適に過ごせる
・すのこの香りがいい
【デメリット】
・ベッド下の収納には不向き
・きしむ音が気になる
・通気性よすぎて冬は寒い

すのこの一番のメリットはなんといっても通気性がいいところです。カビを防いでくれるのでありがたい。

一口にすのこベッドと言っても今は種類がたくさんあるので自分の好みのすのこベッドを探してみてくださいね。

オススメ度:★★★★☆
価格帯:8,000円~40,000円

脚付きマットレス

quarter_b

出典:http://mattress.co.jp/
【メリット】
・シンプルイズベスト。部屋にすっきりなじむ
・フレームとマットレスが一体化しているのでめんどくさくない
【デメリット】
・一体式なのでマットレスがへたってくると買い替えが必要
・ヘッドボード(宮棚)がない

わたしが現在愛用しているのが無印で買った脚つきマットレスタイプです。収納がないと思いきやベッド下にカゴなど置くと収納できます

掃除するときにはちょっとめんどくさいですし、置きすぎると湿気が溜まりますが概ね良好。一人暮らしの人はこの脚付きマットレスタイプを利用している人が多いように思います。

オススメ度:★★★★☆
価格帯:15,000円~30,000円

折りたたみベッド

p32-nerola-2-1

出典:http://www.muratakagu.co.jp/
【メリット】
・使うときにだけ使えば部屋を広く使える
・価格が安い
【デメリット】
・安っぽい、おしゃれな部屋にしたい人には向かない
・毎日布団の片付けしないと意味ない
・寝心地はよくない

一人暮らしの部屋は狭いからスペースを有効に使うために折りたたみベッド!!と言いたい所ですがわたしはあまりおすすめしません・・・。見た目が安っぽいのもありますが、人生の3分の1睡眠に使うのに寝心地よくないと疲れも倍増します。

さらには毎日お布団片付けるのもめんどくさくなって折りたたまれずにそのまま・・・という末路が待っていそうな気がします。

オススメ度:☆☆☆☆☆
価格帯:8,000円~30,000円

ソファベッド

無印良品-ソファベッド-脚-7

出典:https://iemo.jp
【メリット】
・1つで2役こなすので部屋が広くつかえる
・ベッドとソファ別々に買わなくていいのでお金が浮く
・友達がよく部屋にくるという人におすすめ
【デメリット】
・寝てる時に汗をかくので衛生面・匂いが心配
・毎日のお布団片付けがめんどう(お布団片付けるスペースはある?)
・普通のベッドに比べると寝心地はよくない
・意外と大きい

一人暮らしの人に人気のソファベッド。ベッドの役割を兼任してくれるので狭い部屋にはありがたい存在です。

めんどくさがり屋さんだとそのまま布団出しっぱなしになって結局ソファの形で使わないこともありえるので考えどころです。

オススメ度:★★☆☆☆
価格帯:15,000円~50,000円

ロフトベッド

040103753

出典:http://anythingdic.net/
【メリット】
・ベッド下が広いので机を置いたり服を吊るしたり収納スペースとして大活躍できる
【デメリット】
・大きいので圧迫感がある
・組み立てが大変
・上り下りが地味にめんどくさい
・天井近くなるのであつい

デメリットのほうが多いように思いますがわたしが初めて一人暮らしをしたときはロフトベッドでした。収納場所が全くない部屋だったので「収納スペースがつくれる」という点でロフトベッドをチョイス。

収納がある程度ある部屋なら選ばないかもしれません・・・ベッド下に秘密基地のような空間ができるのは魅力的ですが。がんばればおしゃれな部屋にすることもできると思います。

ロフトベッドは特に寸法をきっちり図るのが大事です。経験上ロフトベッドを部屋に置くと自分のイメージより1.5倍は大きく見えると思っていたほうがいいと思います。

オススメ度:★★★☆☆
価格帯:20,000円~50,000円

収納つきベッド

fable01

出典:http://www.sterior.com/
【メリット】
・ベッド下に収納スペースが元々ついてるのですごく使える
【デメリット】
・若干高さがでる。
・湿気が溜まるので収納場所に入れるものは考えなくてはいけない

ロフトベッドぐらいの収納スペースはいらないけどそれでも収納スペースある程度はほしいなという人におすすめの収納付きベッド。あらかじめスペースがついてるので使えます。ベッドの下って意外と広いです。

お布団をおろして収納するタイプおろさずに使える収納タイプと分かれているので注意。

オススメ度:★★★☆☆
価格帯:20,000円~50,000円

まとめ

一人暮らしにおすすめのベッド7種類、メリットデメリットを簡単に紹介しました。どのベッドも長所もあり短所もあります。

選ぶ際に一番大事なのは【置いたときのイメージと自分がどのように部屋で過ごしたいのか】です。

家に帰って寝るだけ?友達毎日呼ぶ?布団毎日片付けて部屋を広く使う?過ごし方は人それぞれなので自分のお部屋と相談し、寸法きっちりはかってイメージを膨らませましょう。