せっかくの一人暮らし!やっぱりベッドはいるよなぁ・・・と漠然と思っていませんか?一人暮らしのインテリアの写真みても「ベッドがない」部屋の写真などほぼないですよね。

一人暮らしのおしゃれな部屋=必ずベッドがありきれいにコーディネートされてるというイメージがついてるんじゃないかと思います。実際にわたしも無意識に「一人暮らしではベッドは買うもの」と思っていました。

果たして本当にそうなんでしょうか?

スポンサードリンク

部屋にベッドをおくメリットデメリット

a9049938cf17c8bad11036e638765471_s
実家ではベッドなしの布団だった!という方もいるはず。部屋にベッドを置くメリットデメリットを簡単にまとめました。

ベッドを置くメリット

・睡眠中にホコリを吸い込んでしまうのを防ぐ
・毎朝布団の上げ下げをしなくてもいい
・疲れて帰ってきてもすぐダイブできる

布団の上げ下げは地味にめんどくさいもの。実家にいるときも母に何度怒られてきたことか・・・ベッドなら寝るためのスペースとして置かれているので上げ下げする必要がないです。

毎日仕事で夜遅く帰ってきても「あー!つかれたー!!」とそのままダイブできます。

わたしのベッドなし時代のあこがれでした。睡眠中にホコリを吸い込んでしまうのを防ぐというのも助かりますよね。

ベッドを置くデメリット

・マットレスは洗うことができない
・そもそもベッドの購入代金がいる
・一人暮らしの狭い部屋なら自由なスペースがかなり減る
・何事もベッドの上で済ませてしまうようになる(かもしれない)

今でこそベッドを部屋に導入していますが思っていたよりベッドにスペースをとられます

自分の活動エリアが狭い!はじめは「え!?あとこのスペースに机やTV置かなくちゃいけないの!?大丈夫!?」と焦りました。

一人用のソファもありますが家のなかではほぼベッドの上にいることが多いです。怠惰になってしまった感じがします。

実際ベッドなしでも不自由なかったかもと思うこともあります。

「でも布団は毎日片づけるのがめんどうだし、そのまま布団があったら見た目にもちょっと・・・」という方にわたしが実践していたおすすめの収納方法をご紹介します!

ベッドなしでもおすすめの布団収納方法

  • ①起きたら布団を三つ折りにたたむ
  • ②上からお気に入りの布をかける

これだけです。地味ですが壁際に置くことでソファー替わりにもなり見た目はお気に入りの布をかけているので悪くはないです。

一人暮らしの部屋のクローゼットって狭いので実際布団なんていれる余裕ありません。女子なら服やカバンなどで埋まります。

綺麗に整理整頓したら布団スペースはあるのかもしれませんがあいにく整理は苦手ですし忙しい朝にわざわざクローゼットまで布団を持っていくのはめんどくさい・・・そんなズボラ発想から生まれました。

金銭的にベッド買う余裕ないなぁ、でも布団はちょっと、、と思っている方におすすめの収納方法です。ぜひ。

ベッド買うとしたらヘッドボードはいるのか問題

headbord

出典:http://xn--68j5e4ch4o8h8b0216a3mb937j9k5ebwi.com/

ベッド買う!種類もだいたい決まった!となった時に悩むのがヘッドボードいるのかいらないのかという問題。

わたしは”枕元に充電器の線が届くコンセントがあるならヘッドボードはいらない”派です。

目覚まし時計や本を置いたりできるヘッドボードですが目覚ましはベッドから離れておいた方が二度寝せずに起きれる確率は上がります。枕元にあるとアラーム消してまた二度寝、、という危険があります。

とりあえず枕元の近くにコンセントがあればOK!ベッドに入って携帯見るという行動は眠りを妨げる行為となって推奨されるものではありませんが寝る前に携帯見ますよね?わたしは絶対見ます。

ベッドに入って「もういつでも寝れる!」という状態でお気に入りの動画やサイトを見るので充電は必須!

ヘッドボードつきにするとベッドサイズがちょっと大きくなる

というのも一人暮らしの限られたスペースではマイナスポイント。

よほど枕元に明かりがほしい!とか本置きたい!というゆずれない想いがなければ基本ヘッドボードはいらないです。

まとめ

【ベッドのメリット】
・睡眠中にホコリを吸い込んでしまうのを防ぐ
・毎朝布団の上げ下げをしなくてもいい
・疲れて帰ってきてもすぐダイブできる
【ベッドのデメリット】
・マットレスは洗うことができない
・そもそもベッドの購入代金がいる
・一人暮らしの狭い部屋なら自由なスペースがかなり減る
・何事もベッドの上で済ませてしまうようになる(かもしれない)

【おすすめの布団収納方法】

  • ①起きたら布団を三つ折りにたたむ
  • ②上からお気に入りの布をかける
【枕元に携帯充電のためのコンセントが確保できるならヘッドボードはいらない】

いるかいらないかで悩んだ時には自分の生活をよぉくイメージして選択してくださいね。